2011年10月2日日曜日

ハンガリー狂詩曲第2番

ハンガリー狂詩曲 第2番(1847)(1851年出版)

ハンガリー狂詩曲は、全19曲からなる作品集で、
最初の15曲は、1851~53年にかけて出版された。
最後の4曲は、晩年1882~85年に作られたもの。

リストは、愛国心の強かった作曲家の一人。
祖国に対する愛情からハンガリーの民族的旋律や
リズムを生かした様々な曲を書いています。
(ただし、リストがハンガリー古来の民謡だと思って取り入れていたものは、
実は違っていたという説もある)

幼少のころ、ハンガリーの田舎で生活し、
その後、リストの才能を伸ばすために一家をあげて11歳でウィーンへ、
その後、パリへと移住。
世界的な大ピアニストとなったリストでしたが、
祖国への想いが消えることはありませんでした。
実際、彼が再び故郷を訪れたのは、1839年。
以前、ドナウ川の大洪水でハンガリーがひどい災害を受けた時、
音楽会を開催し、多額の救済金を祖国に送っています。

このとき、リストは国を挙げての歓迎を受け、
非常な感激をおぼえ、翌年から”ハンガリーの民族的旋律集“と題する曲集を出版し、
これがのちに”ハンガリー狂詩曲”にまで発展していったのです。

第2番はこの作品集の中でももっとも有名で、
皆さん、トムとジェリーでもお馴染みではないでしょうか?

高校生の時、数曲弾いたハンガリー狂詩曲のうちの一つ。
この曲を弾くと、当時を思い出し、どうしても日本のことが想われます。
リストが祖国の災害に悲痛な想いでいたように、現在、私たちも同様です。
音楽が、少しでも多くの人々を
元気づけることができれば・・・という気持ちでいっぱいです。

江藤早織

0 件のコメント:

コメントを投稿